EV用2速減速機の開発と歯車

私たち全員が、お客様の喜ぶ顔が大好きです。

*

ドラムとディスクのメリット・デメリット

      2013/04/23


EVミラ2号機のブレーキドラム部分は、強化パーツに変更されています。アルミ合金製で、ライニングの当たり面に鋳鉄のリングが鋳込まれているタイプです。先日のEVミラ1号機の事故の時に初めてドラムブレーキの中身を見ました。これまで、ブレーキの構造について詳しく知る機会も無く、なんで”前輪がディスクブレーキ”で”後輪がドラムブレーキ”を使っているのかも覚えておりませんでしたので、ウィキペディアで勉強。以下内容を覚書き。

ディスクブレーキ

主要な構造物が露出している為、放熱性が高い。繰り返しブレーキをかけても、熱によるブレーキのききが変化しにくい。また、制動初期からロックするまでコントロールしやすく、水付着などにも強い。反面、単純にディスクを挟み込む構造の為、強い制動力を得る為には強い入力が必要となる。これを補助する為に倍力装置と呼ばれるエンジンの負圧や油圧などを利用してブレーキペダルの踏力を補助する必要がある。

 

ドラムブレーキ

構造上 自己倍力作用を持ち、強い制動力を発揮する。コスト面でもディスクブレーキより低コストで製作できる上に、小型軽量に製作する事ができる。しかしながら、構造的に放熱性が悪い上に熱によるブレーキのききにくくなりやすい(フェード現象がおきやすい)。

参考ページ

ドラムブレーキとは? :ブレーキ基礎編

関連記事はこちら:

    関連記事は有りません。

 - ものづくり・技術, 電気自動車の業務・防備録 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

  関連記事

EVミラの改造進捗報告

 EVミラは、現在1号機のバラシ作業が少しづつ 進められている状況です。 2号機 …

86用シーケンシャルパターンDOGミッションについて。

先日更新しました、”大阪オートメッセ2014”の告知内で、86用シーケンシャル式 …

EVミラ袖ヶ浦で横転しました。

10/30(日)全日本 袖ヶ浦EV50kmレース大会へ参加してきました。 結果は …

東大阪市のポスター用写真撮影がありました。

今日は、東大阪市の取材取材がありました。 関連記事はこちら: 関連記事は有りませ …

『全日本 富士50Kmレース大会』エントリーリスト・タイムスケジュールが発表されました。

いよいよJEVRAの公式サイトで、今週末の「富士50Kmレース大会」のエントリー …

FT86EV シャフト部品の旋削加工工程の様子です。

いよいよ7月に入り、FT86EV用の4速ドッグ式減速機の部品製作が急ピッチで進め …

FT86EV用サスペンションが完成しました。

FT86EVの4速ドッグ式減速機の部品製作が、超特急で進められる中、EVミラに続 …

2012大阪モーターショーにパネルだけ展示します!

いよいよ大阪モーターショーが今週末より開催されます。EVミラは、復旧作業が間に合 …

FT86水平対向エンジンです。

いよいよエンジンも、ミッションも燃料タンクもマフラーもはずされてしまいました。 …

袖ヶ浦フォレスト・レースウエイ走行会結果

EVミラは7/17(日)に、袖ヶ浦フォレスト・レースウエイで 開催されました壮行 …