東大阪商工月報に”匠の技術が生み出したEV用2速減速機”と紹介されました。

東大阪商工会議所の発行する”東大阪商工月報”という冊子がありまして、本年2月号の”エコ探方”というコーナーに(株)繁原製作所の2速減速機が紹介されました。

”匠の技術が生み出したEV用2速減速機”と大きく紹介をしてもらいました。”エコ探訪”のコーナーは、環境関連の製品や技術、取組などを紹介しているコーナーで、電気自動車の部品を開発、販売していると言う事で、とりあげて頂いた様です。

”匠の技術”と言われると、なにか大げさに感じますが・・・

レース車両用の高精度な歯車加工の技術と、高精度なアルミ製ギヤボックスの削りだし加工の技術。さらに、競技車両用のクロスミッションを開発・製作してきた経験が無ければ、EV用2速減速機は、航続距離の足かせになるユニットになっていたかもしれません。

社内で日常的に行われていく加工ですんで、「すごい加工をやっている」感が工場内に少ない様に感じます。営業部としては、もっとお客さんや社外の評価を社内へ伝えていく努力が必要ですね。

 →記事全文のPDFファイルです。

 

関連記事はこちら:

コメントを残す