EVミラ袖ヶ浦で横転しました。

10/30(日)全日本 袖ヶ浦EV50kmレース大会へ参加してきました。 結果は、メインレースのスタート直後の3週目に左後輪ハブが折れスピン後に横転。 ロールバーのおかげで、ドライバーに大きな怪我も無く 出走された他の車への接触なども無かった事が不幸中の幸いでした。 しかしながら、参加者のみなさまや関係者の方 ドライバーの丹羽さんには、 大変なご迷惑をおかけし 申し訳ありませんでした。 原因は、現在調査中ではありますが、 今回の件を教訓にし、更に安全な走行ができる様 注力を致します。 iphone_20111101204651.jpg

予選は、1’33’339と順調な結果でした。 トップは、テスラで1分17秒と飛び抜けたタイム。 実際にみても本当に速いですね。

iphone_20111101204405.png iphone_20111101204742.jpg

レーススタート前は、曇り空から徐々に雨が降ってきました。 スタート直後にリーフ集団の後ろに張り付き、 2週目に入る頃には数台のリーフをかわして デットヒートを繰り広げていました。 が、直後にマシン横転の場内アナウンスが有り 一瞬いやな間があった後、 ”横転は、ゼッケン39番”と更にアナウンスが有りました。 ピットの周辺からは、事故の状況が見えず ”タイヤが外れている様です”などの追加アナウンスで 更に混乱…何が起きたのか把握できないまま EVミラがレッカー車の荷台に積まれて帰ってくるのを まっていました。 iphone_20111101204959.jpg

傷だらけの状態で、ピット前に帰ってきた EVミラを見るのは、つらかったです。 iphone_20111101204105.jpg

ぼっきりと折れたハブ。 車は全損ですね。 モーター・電池は元気そうですので 新しいミラへ移植されます。 ひきつづき、被害の状況・復旧プロジェクトなど報告していきます。

関連記事はこちら:

    関連記事は有りません。

コメントを残す