2011 Ene-1 GP 結果 2位でした。

8月7日に鈴鹿サーキットで開催されました2011 Ene-1GPに参加してきました。 チーム名は、”繁原EVプロジェクト うさきとかめ”。 ”うさぎとかめ”には、 ちいさなモーターで、加速力はないけども 2速減速機を使って、長距離では負けないEV車を作るという 社長の思い入れがあるチーム名なんです。 繁原製作所EVミラで初めてのレース参加が今回のEne-1GP。 結果は、総合2位。 競技は、”0-200 タイムアタック”、”S字タイムアタック”を競い、 1時間で鈴鹿国際レーシングコース(5.807Km)何周できるかを競う、 ”60分ロングディスタンス”の3つの総合ポイントで勝敗が決まります。 一番最初に行われた、0-200タイムアタックは、13.396秒で7位。 トップは、OSJ EVプロジェクトで11.550秒。 次のS字タイムアタックは、28.832秒で惜しくも2位。 トップは、同じくOSJ EVプロジェクトで27.456秒。 厳しい結果ですが 長距離用のギヤセッティングになっている為、 やむなし。 最後は、60分ロングディスタンでしたが、 ここでは、ぶっちぎりの1位。 2位は、team TGMY EV Himiko。  周回数は13Lap (2位のHimikoは、11Lap) ベストLapは、3’16.336(OSUさんで、3’56.242) スタートは、9台中8番グリッドと後方からのスタートでしたが、 すばらしいスタートダッシュで2番手に躍り出た後は、 直ぐに前の車輌をかわして1位で走り続ける姿は、 圧巻でした。(詳しくは、後日) もともとの作戦では、12周が目標。 最悪でも11周と考えていた様ですが、 想定以上のタイムが出た為、13周の記録を出せる事ができました。 残り3秒で13周目に突入してしまった事から、 他のチーム皆さんの計画を狂わせてしまったかもしれません。 DSC_0077.jpg 風を切ってメインストレートを走り抜けるEVミラは、 感動的でしたが、 1位でチェッカーフラッグを受けるEVミラを みんなで迎えいれた瞬間は、さらに感動でした。 最終の総合ポイントは、 トップのOSU EVプロジェクトさんの84ポイントに 4ポイント足らない80ポイントで惜しくも2位でしたが、 長距離で負けない目標を十分位達成できたので、 良い結果だったと思います。 勝ちたかったですけどね。 来年は、更に強力なEV車が参加してくると思いますが、 まだまだ奥の手が有る、EVミラを進化させて 優勝を狙います。 今週は、もう少しEne-1の報告を続けて更新します。 DSC_0091.jpg

関連記事はこちら:

コメントを残す