EVミラ鈴鹿のゴールシーンです。

Ene-1GPの報告続きその3です。 今日で鈴鹿の報告は完了です。 60分間ロングディスタンスでは、 60分間で5回のピットイン(3分間)をしながら 何周コースを回れるかを競う競技です。 ”繁原EVプロジェクト うさぎとかめ”では、 繁原製作所の社員の方を含む3名のドライバーが 交互にハイレベルな運転を披露してくれました。 また、マシンは周回を重ねても めだったペースダウンも無く、 1時間しっかりと、走りきる事ができました。 最後は、チームメンバーが待つゴール前に、 余裕十分なEVミラが派手に蛇行しながら帰ってきました。 全員大喜びのゴールシーンの動画も見て下さい。

iphone_20110818210447.jpg 総合では、4ポイント届かずに2位となりましたが、 ”2速減速機のEVミラ” ”繁原製作所””うさぎとかめ”を 強烈に印象づける走りができたと思います。 EV用2速減速機の開発開始の頃には 想像すらしなかった、鈴鹿サーキットでのレース参戦という 貴重な経験ができました。 さて、本日からすでに EVミラは、四国EVラリーに参戦する為に 出発していきました。 明日、明後日の大会の結果が分かり次第、 報告します。

関連記事はこちら:

コメントを残す