EV用2速減速機の開発と歯車

私たち全員が、お客様の喜ぶ顔が大好きです。

*

EV用2速減速機とは何か?

      2013/04/23


大阪モーターショー直前の為、改めておさらいのエントリーを作成。展示会に出展すると、電気自動車に詳しい見学者の方から、「なんで減速機つけるの?」「なんで2段変速なの?」と質問される事がありました。モーターショーで興味を持ってもらえた方に向けてですが、自分のおさらいも兼ねてまとめておきます。ほぼ、モーターショー展示資料の内容です。

モーターと減速機の外観写真

レイアウトとスペースの問題解決

エンジンが搭載されていた車に、モーターを取り付けるコンバートの電気自動車は、当然モーターを取り付ける位置やスペースが限定されています。また、改造車検を取得するには大きな改造をすると不利になる等の問題もあります。ベース車両がMTであれば、ミッションを残してモーターを取付ける場合もある様ですが、”エンジン用に設定されたギヤ比””必要の無い段数”は重量的にも効率的にも不利な上に、モーターを設置するレイアウトも更に限定されます。

(株)繁原製作所では、ギヤボックスをケースから設計製作できます。ベースの車両に使用したいモーターを最適なレイアウトで設置する方法を選ぶ事ができます。これによりモーターの選択肢を増やすと共に、コンバートする車両の選択肢も増やす事ができます。

実際に選べるモーターがほとんど無い

コンバートEVでは、メーカー製の電気自動車の様に車重や用途にぴったりと適合したモーターが選定できる事はほとんどありません。これは、設置レイアウトの問題だけで無く、改造予算の問題や、国内の有名メーカーが開発しているモーターは、1台ごとの発注や個人での購入が難しい事があります。この為、入手性の良い汎用モーターを使用すると、車重や車両走行スピードに対応した回転領域を確保することが難しく、無理な回転領域を多用する事で大きなトルクロスを発生させ、電池の消耗を早めています。

(株)繁原製作所の減速機はギヤ比を自由に作成できるので、モーターの効率の良い回転領域で走る時間を最も長くする様にギヤ比を設定する事ができます。また、これを2段変速化する事で、さらにモーターの苦手部分をカバーします。ギヤ比2段化の主なメリットは下記2点。

ギヤ比で登坂可能な角度が違います!

”地下駐車場の急勾配を荷物満載で登る””電圧が低下してモーターのトルクが確保できない”など特殊な状況も想定してモーターは選定されます。この特殊な状況の為に、普段はまったく必要が無くても、安全を考えると大きなモーターを選ぶ必要がでてきます。当然、モーターは高価な上、重量は重く、必要な航続距離を確保する為に更に高価な電池を積み込み、また重量アップの為、航続距離がさがってしまいます。

2段減速機であれば、緊急時を想定したローギヤと通常走行ギヤの2段にする事で、必要以上に大きなモーターを選定する必要がなくなります。

モーター効率が良い回転数で走ります!

モーターには、効率が良い回転領域があります。当然、できる限り効率の良い回転領域を多用できる様にギヤ比を設定します。(株)繁原製作所のEVミラは、大阪と静岡の浜松間を往復しますので高速道路を使う事になります。市街地走行と長距離走行(高速使用時)では、多用されるモーターの回転領域は大きく変わってしまいますので、これを2段化する事で、それぞれ効率の良いギヤ比を使用する事が出来る様になります。

つまり・・・モーターの能力をカバーして、コンバートEVを便利にする部品です。

長くなりましたが、EV用2速減速機をコンバートEVに採用頂いている主な理由は、上記の内容です。実際に実証実験車両のEVミラは、2段のギヤ比を替えてい行く事で、鈴鹿サーキットのコースレコードをとったり、テストコースを520km走ったり、地道だけで琵琶湖一周(300km)走ったりする事ができました。2012年は更に、復活させたEVミラで2段減速機の有効性の実証を積み上げていきたいですね。

 

関連記事はこちら:

 - ものづくり・技術, 電気自動車の業務・防備録

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

  関連記事

袖ヶ浦へ向け出発

今日は、EVミラが袖ヶ浦のサーキット目指して出発しました。 明日は、サーキットで …

EV86 5速化完了。テスト走行も完了しました。

 月1回ペースの更新となってきました。更新は滞っていましたが、EV86の5速化は …

FT86EVボディ補強パーツ装着しました。

着々と電気工事作業が進められていますが、素人目には進捗が把握できずにいました。そ …

2011 「全日本 袖ヶ浦 EV50kmレース大会」の動画で見るEVミラ1号機の勇姿

EVミラは、かなり作業が進んでしまいました。実際の所は、本日時点で9割完成。更新 …

コンバージョン車輌が板金修理完了しました。

板金修理にでていました、 2号機EVミラのベース車輌が工場へ帰ってきました。 1 …

四国EVラリー2012 総合優勝しました。

2012年8月25日(土)・26日(日)に、愛媛県で開催されました四国EVラリー …

9月16日 EVミラが”エネルギーデザイン@御堂筋”に展示されます。 

大阪市が主催する”御堂筋デザインストリート2011”というイベントが、 本日9月 …

四国EVラリー2011 ロングディスタンス競技に参加しました。

2011年8月19日・20日に愛媛県松山市で開催されました 四国EVラリー201 …

EVミラの走行タイムが鈴鹿サーキットのコースレコードになりました。

鈴鹿サーキットのコースレコードページに、 8月7日のEne-1 GPのタイムがサ …

「富士50Kmレース大会」準備完了しました。

鈴鹿サーキットでのEne-1GP後、本レースに向けて進められてきた準備が完了しま …