EV用2速減速機と(株)繁原製作所とウエルマー(株)の関係

evミラボンネットの画像

EVミラのボンネットには、大きくWHElMER( ウエルマー)のロゴが書かれています。昨年のEne-1 GP参加の際は、車両名が”ウエルマー☆EVミラ”でした。折角ですので、ウエルマー(株)についてのご説明をしたいと思います。

 evミラボンネット画像

 モータースポーツパーツのウエルマー(株)

ウエルマー(株)は、平成6年にモータースポーツ用部品の開発及び販売会社として設立された会社です。(株)繁原製作所が持っている歯車を中心とした部品加工の技術で、モータースポーツ用部品の開発を行いつつ、モータースポーツ用のエンジンや駆動系部品といった、難易度が高い部品の開発や製作を継続的に行う事で(株)繁原製作所の加工技術・経験を磨いてきました。現在では、(株)繁原製作所の3D加工技術を使い、特殊なチャンファ加工、鍛造形状の再現、コニカルスプラインの削りだし加工等、お客様が必要な部品を、自由に作り出す事ができる様になりました。

開発実績一例

これまでの、開発実績や開発中の部品の一部を紹介。

AE86-T50クロスミッション

3速クロス。ギア比 1.963-1.435-1.196-+1.000-0.861(純正:3.587-2.022-1.384-1.000-0.861)

1ロット5台以上でオリジナルのギヤ比も製作可。オプションでWPC仕様も製作可能。

 

KP61-K40&K50 クロスミッション

3速クロス。ギア比 3.070-2.405-1.619-1.000-0.863(純正:3.788-2.219-1.434-1.000-0.863)

ZZT231セリカ&ロータスエリーゼ/エキシージ ファイナルドライブギヤ

R32.33・サニー用などの強化センタープレート

 

EVミラ開発とウエルマー(株)

EVミラはEV用2速減速機の有効性を証明する実証実験の為に製作された電気自動車です。昨年の鈴鹿サーキットで開催されたEne-1 GP参加の為、サーキット走行を行う事からウエルマー(株)の開発部品を取り扱って頂いている多数のショップ様のご協力で今のレーシングカー仕様になりました。特に2速減速機の命である歯車は、ウエルマー(株)で培った競技用車両用の加工技術が盛り込まれています。

まだまだ、ウエルマーの開発部品は多数ありますので、順番にご紹介をしていきます。少し、更新のネタが増えました。がんばります。

関連記事はこちら:

evミラボンネットの画像

コメントを残す