EV用2速減速機の開発と歯車

私たち全員が、お客様の喜ぶ顔が大好きです。

*

EV用2速減速機の方が純正ミッションを使用するより良い理由

      2013/04/23


EVミラ2号機のコンバージョン作業は、順調に進んでいます。本日時点で、モーターとEV用2速減速機の取付が完了し、足回りの部品の取付が進んできています。先日、「EV用2速減速機とは何か?」の更新で説明不足の部分があり、弊社社長より指摘のありました部分を追加説明させてもらいます。

モーターのピークトルクに減速比を乗じたトルクがかかると、純正ギヤでは強度が不足してしまいます。(株)繁原製作所のEV用2速減速機は、ギヤの歯の大きさや歯幅、材質、歯車精度のアップにより歯車自体の強度を上げて設計を行い、安全率は2倍を想定して製作されています。

  1. ギヤモジュール(大きさ) M1.5~M1.75  → M3
  2. 歯幅は、純正の1.5倍
  3. 歯面仕上げ シェービング仕上げ(JIS5級)→歯研仕上げ(JIS1級)
  4. 素材・熱処理のグレードアップ
  5. 歯面へのAP-EXμ(アペックスミュー)処理による強化とフリクション低減。(宣伝・・・)

国土交通省から出された、コンバージョンEVのガイドラインを見ても、同内容の安全確保を厳守する様に念押しがされていますので、近い将来には法整備されていくと思われます。

電気自動車事業化に関する情報や普及に関する情報|電気自動車普及協議会
コンバージョンEVのガイドライン
特に、2項の「ドライブトレーンの強度」に関する記載には、”動力伝達装置の堅牢性は、保安基準上必須要件である”としてコンバージョンでは特に注しする点として補足が行われている。以下一部抜粋。

”モータの最大トルクは、動力伝達装置の強度が確保される範囲内のものであること。この場合、ベース車の動力伝達装置(トランスミッションを含む。)をそのまま使用するコンバージョンであって、モータの最大トルクがベース車のエンジン最大トルクを上回らないときは、適合する例とする。”と書かれています。

つまり、モータの最大トルクがベース車のエンジン最大トルクを上回る場合は、純正トランスミッションをそのままで流用する事ができなくなります。コンバージョンEVのレース車両には、無くてはならない”EV用2速減速機”になれる日が近づいてきました。”効率”と”安全”のEV用2速減速機を宜しくおねがいします。

関連記事はこちら:

 - ものづくり・技術, 電気自動車の業務・防備録 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

  関連記事

EVミラが鈴鹿のストレート疾走しました。

Ene-1GPの報告続きです。 当日は、メインストレートの直ぐそばまで近づいて見 …

2011 Ene-1 GP 結果 2位でした。

8月7日に鈴鹿サーキットで開催されました2011 Ene-1GPに参加してきまし …

TGMY EV Himiko用2速減速機オーバーホール完了しました。

当社で開発が行われた2台目の電気自動車用多段減速機である、TGMY EV Him …

電気自動車の充電について

最近、町中や高速道路にて見かける様になった 「電気自動車用急速充電サービス」や装 …

初めて運転しました。

2011/04/18 昨日なんですが、初めてEVミラの運転をしました。 走ったの …

Ene-1GP 増速ユニット完成しましたが、搭載見送り。

いよいよ今週末は、Ene-1GP本番です。今年は、パワーアップさせたEV86での …

2013 全日本富士 EV50kmレース大会 総合2位でした。

優勝目指して参加してきました、全日本富士大会でEV86が総合2位になりました。ト …

9月16日 EVミラが”エネルギーデザイン@御堂筋”に展示されます。 

大阪市が主催する”御堂筋デザインストリート2011”というイベントが、 本日9月 …

EV86用新型5速減速機完成しました。

いよいよ新型EV用5速減速機のギヤセットが完成しました。今年のEV用減速機開発の …

EVミラ1号機の解体が完了しました。

いよいよ、モーターと減速機、電池など主要なユニットが EVミラ1号機から取り外さ …