EV用2速減速機の開発と歯車

私たち全員が、お客様の喜ぶ顔が大好きです。

*

FT86-EVモーターは、UQM社製75Kwです。

      2013/04/23


FT86-EVの計画されている仕様の内、間違いのないところから報告していきます。モーターは、既に到着済み。UQM社製75kw。EVミラでは、AzureDynamics製24kwが搭載されていました。どしろうとには、ちんぷんかんぷんだった為、すこし勉強。

image

有名どころと比較。インターネット検索で調査。(参考です。間違いがあればご指摘下さい。)

FT86-EV UQM製75kw(今回搭載予定)

  • 最高出力  75kw(100hp)
  • 最大トルク  240N・m
繁原EVミラ AzureDynamics AC24LS
  • 最高出力  45kw
  • 最大トルク  92N・m
日産リーフ
  • 最高出力  80kw
  • 最大トルク  280N・m
テスラ(Tesla Roadster Sport)
  • 最高出力  215kw(288hp)
  • 最大トルク  400N・m
三菱 iMeEV(ZAA-HA3WLDD)
  • 最高出力  47kw
  • 最大トルク  180N・m

image

あらためて並べると、EVミラはずいぶん小さなモーターでがんばってたんですね。これが、昨年のEne1-GPに参加した際のチーム名”繁原EVプロジェクト うさぎとかめ”の由来でしたが・・・。新しいFT86-EV用のモーターは、リーフより少し小さいぐらいのパワー。テスラは別格のモーターパワーですね。

モーターの能力は、イコールモーターの重量だそうです。魅力的なハイパワーモーターですが、重量アップと電力消費アップに直結する為、判断が難しい部分の様です。このあたりは、繁原製作所EVの変速機を使ってカバー。EVミラで、リーフと戦えたのだから、今年こそはFT86-EVで、テスラと戦うのが目標。4速ドッグ式減速機の有効性を証明できれば最高です。

今年は、モーターが大きくなるのでチーム名変更になる様です。「繁原EVプロジェクト うさぎとかめ」鈴鹿サーキットで連呼してもらった思い出のあるチーム名だったので、すこし残念です。

関連記事はこちら:

 - EV86開発記録, 電気自動車の業務・防備録 ,

Comment

  1. canguro より:

    大変不躾な質問で恐縮ですが、使用されているUQM製モーターの価格や購入方法を教えていただけないでしょうか。 個人的にいろいろ試行錯誤しているのですが不明なものが多くて苦戦しております。

    • ShigeharaH より:

      コメント有り難うございます。
      TGMY様のホームページでご確認下さい。
      http://tgmy.jp/
      EVモーターや電池、制御などものづくり以外の部分でご協力を頂いております。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

  関連記事

EVミラバケットシート取付完了

2011/05/17 バケットシートの取付が完了しました。 次は、ロールバーがと …

2012Ene-1 GP EVミラも鈴鹿サーキットのコースレコード更新を狙います。

昨年のEne-1 GP ロングディスタンス(60分間での周回数を競う競技)を …

第3戦優勝しました!と第4戦富士サーキットはお祭りですの御報告。

7月31日に開催されました、「第3戦、全日本もてぎEV50kmレース大会」は、E …

「全日本富士50kmレース大会」総合3位でした。

富士スピードウエイで開催されました「全日本富士50kmレース大会」で、FT86E …

車内に電池を置く架台がつきました!

2011/03/25 今日は、車内に電池設置用の架台が 取り付けられました。 中 …

認証工場看板の掲示完了。

いよいよ看板ができあがりました。これで、自動車の分解整備作業が自社工場内で実施で …

KFエンジンは、お買い得。

2011/03/30 昨日からの続き。 ミラにもともとのっているKFエンジンは、 …

新しい86で新しいプロジェクト始動!

EV86で開発が進められています、6速Dog式シーケンシャルミッションは、エンジ …

四国EVラリー2012 総合優勝しました。

2012年8月25日(土)・26日(日)に、愛媛県で開催されました四国EVラリー …

EV86の強化改造が進行中!

今週末の全日本袖ケ浦55kmレース大会(第3戦)に向けて、着々と改造が進められて …