FT86-EV全日本EV筑波55kmレース大会 総合優勝しました。

 

先週末、筑波サーキットにて開催されました全日本EV筑波55kmレース大会で総合優勝する事ができました。同シリーズへは、何度も参加させて頂きましたが、今回初めての総合優勝。取り急ぎ簡単な御報告。今回は、Iパターンシーケンシャルのお披露目とトライを兼ねていましたが、いつも通り2日前に取付が完了した為、大会当日がシェイクダウンとなりました。2979

予選、本戦ともIパターンシーケンシャルのトライを優先してモーターの出力を50%に絞って走行しました。予選では、2番手の成績。本戦が55kmと長距離の為、電池の持ちを探りながらの挑戦になりました。

2982

本戦では、2番手から直ぐにトップに飛び出していき、そのまま順調に走りきりゴール。best timeは、1’17.030。平均して、1分20秒前後で安定して走りきったそうです。
2977

電池もぎりぎりの状態でゴール。6速を十分に生かしてバッテリーマネジメントして頂いた成果との事。速く走らせるのではなく、バッテリーをコントロールするEV用多段変速装置の本領が発揮されました。

テスト走行の動画です。Iパターンシーケンシャルがスムーズに変速している様子が確認できます。

さらに、完成度を上げながら次回の大会参加に向けて調整が始まります。エンジン車両用のIパターンシーケンシャルの製作もスタートしました。しばらく、EV86で盛り上がりる事ができそうです。

関連記事はこちら:

コメントを残す