FT86EV用ドグミッション組み立て完了です。

FT86EV用4速ドグミッションの組み立てが完了しました。マウント用部品も一部完成し、明日からは車両への組み付け作業が開始されます。ミッションの外観は、純正ケースを流用しますので変化なし。今回のミッションケース開発で、当然EVだけでは無く、エンジン車のFT86クロスミッションも製作が可能となります。(株)繁原製作所にとっては、一粒で2度おいしい開発となりました。

image

モータマウント部品も一部完成し、部品が全て揃うまで、あと一息。

image

ボンネット内には、バッテリー固定用の部品が取付られています。EVミラでも部品がそろってからは、あっという間に作業が完了してしまいました。今回はFT86EV組み立て完了まで、報告漏れが無い様にがんばります。

image

FT86は、安全確保の為か電気的な制御が複雑に行われている様です。エンジン・燃料タンクなど主要な部品が無くなり、必要なセンサーからの入力が無いFT86EVが走ると、問題が発生する可能性が高く、レース走行までには、まだまだ高いハードルが残っています。Ene-1 GP 2012開催まで12日。

関連記事はこちら:

コメントを残す