2016年初戦、筑波50Kmレース大会優勝しました。

いよいよ、2016年の全日本EVレース大会がスタートしました。2016年4月24日(日)、筑波サーキットで開催されました、全日本筑波EV50kmレース大会。今回のレースは、TESLA不在の為、EV86がモーター出力・電池量ともに、もっとも大きい車両となりました。結果を御報告。

20160422-IMG_1046

今回のレースは、全12台の参加車両で行われました。注目は、2台のトヨタFCVミライとBMWi3との戦いでしょうか。EV86のモーターは、145kwとかなり高出力です。ついで、BMWi3が125kw、ミライが114kwとなります。EV86は、有利な戦いとおもわれがちですが、市販車を改造したコンバートEVの為、マシニントラブルが日常茶飯時に発生します。

20160422-IMG_1047

今回、2件のテレビ取材があり、営業的には、大変うれしいレースになりました。現場では、決して止まることがゆるされない緊張感のある戦いだったようです。ところが、予選のスタート直後にピットロード内でストップするマシントラブルが発生。予選は、1周しか走れなかったそうですが、しっかりポールポジションを奪取。

20160422-IMG_1045

決勝レースは、余裕をもった展開で優勝。ラスト3周で十分な電池残量を確認してスパートをかけたそうです。JEVRAさんの動画がアップされるのを楽しみにまっております。

昨年から、開発を進めていますパドルシフト式EV用6速DOGミッションの搭載は、まだ先になりそうです。この為、大きな車両の改造はされていませんが、軽量化などがおこなわれました。おおきな改造が無いレースは、トラブルが少ないので安心ですが、ブログの更新ネタが減っております。

JEVRA 日本電気自動車レース協会
Jevra公式サイトで、レース結果がご確認頂けます。

次回の第2戦は、6月12日(日)に、スパ西浦モーターパーク(愛知県)で開催されます。かなり関西に近い場所で開催されますので、応援にいきたいと思います。

関連記事はこちら:

コメントを残す