全日本富士EV50Kmレース大会はじまります。

ごぶさたをしておりました。久しぶりの更新をさせて頂きます。

2017年シリーズも第二戦まで終了。6月25日(日)は、静岡県富士スピードウエイでALL JAPAN EV-GP SERIES Rd.3「全日本富士EV50kmレース大会」が開催されます。

2017年ここまでの状況まとめ

2016年シリーズ最終戦にて、テスラモデルS、ホンダクラリティの激しいプレッシャーの中、ミッショントラブルにより86がストップ。このトラブルのダメージにより、2017年シリーズから急遽モーターの載せ替えを行い参戦。準備できたモーターは、145kWから130kWに出力がダウン。ミッション、モーター、システムの全てがシェイクダウンといった”いつもの緊急事態”状態でシリーズがスタート。

第1戦は、3月25日(日)筑波サーキットでの「全日本 筑波EV50kmレース大会」。今シーズンより、フル参戦するEVミラの完成度もあがってきており上位入賞を狙う。しかしながら、第1戦本戦スタート後、直ぐに左後輪のトラブルによりリタイア。EV86 も、なんとかレースを完走しましたがテスラには及ばす2位。

第2戦は、4月30日(日)筑波サーキットでの「全日本 筑波EV55kmレース大会」。前レースにてクラッシュしたEVミラの足回り強化も完了し、なんとか2台で参戦。予選では、EV86のシステムトラブルにより周回できずに終了。最後尾12番手からのスタートとなります。9番手からスタートのEVミラも健闘し、EV86が2着・EVミラが3着という結果でゴール。途中、周回遅れながらテスラモデルSをEVミラが抜きかえすという不思議なシーンもあり大変盛り上がった模様。

いよいよ、第三戦が今週末開催されます。シリーズチャンピオン4連覇は、かなり厳しい状況ながらEVミラの活躍も期待できる楽しみなレースになりそうです。

更に近況

本業も大変忙しくさせて頂いております。新たな電気自動車も加わり、あれこれありました。御報告は後ほどあらためてさせて頂きます。今週は、応援に現地に入りますので詳細の報告が出来そうです。

関連記事はこちら:

コメントを残す